第10チャクラの意味・場所・色・開く方法を徹底解説

78d79220aa2a7438c00a5b24cdcb42c5 - 第10チャクラの意味・場所・色・開く方法を徹底解説 スピリチュアル最新情報
「第10チャクラ」をお調べになっている方へ。
第10チャクラは「銀河の意識」への入り口です。私たちの太陽系のある銀河は「天の川銀河」と呼ばれています。第10チャクラを開くと、私たちの意識は「天の川銀河」の一部分と言う意識に変わります。太陽系は天の川銀河の中で作られ、地球が誕生し人類が生まれました。私たちは「天の川銀河」の一部であることを認識すると、「天の川銀河」からのエネルギーを取り入れることができるようになります。
本記事では、第10チャクラの意味を徹底解説いたします。
第10チャクラは、天の川銀河まで広がる意識の世界です
第10チャクラは、色は、金銀などの混合色です。サンスクリット語では、ナヴァグラハ・チャクラ(Navagraha Chakra)と言います。このナヴァグラハという言葉は「9惑星」の意味です。英語ではギャラクティックチャクラ(Galactic Chakra)です。
第10チャクラは、太陽のチャクラを越えた9惑星の世界、そしてもっと広大な「天の川銀河の世界」のチャクラです。第10チャクラのある場所は、頭上から120センチ上にあります。第10チャクラの機能は、「天の川銀河」との繋がりによって、さまざまな星の力を吸収することができます。
【第10チャクラの効果】

⑴天の川銀河の世界に存在する意識が生まれる。
⑵超感覚的な視覚や味覚、そして聴覚が強

リンク元

Copied title and URL