自分らしさを受け入れて生きていく方法 感情をあるがままに感じ取るレッスン

boy 1209131 1920 - 自分らしさを受け入れて生きていく方法 感情をあるがままに感じ取るレッスン スピリチュアル最新情報
私たちは幼いころより、感情をおもてに出したり、特定の感情を持ってはいけないように教えられ、育てられてきましたたとえば子どもが何かを欲しいとねだっても、親から「そんなものを欲しがるんじゃありません」とか「あなたはもう大きいんだから、あんな子どもの欲しがるものを求めてはだめでしょ」と言われた経験があるかも知れませんこの場合は、自分の持つ欲しいという欲求を否定され、抑圧されて育てられますまた性別による抑圧も大きなものです「男の子なんだから」とか「女の子だから」という理由で、感情を否定される事も多いです「男の子なんだから、メソメソしてはいけません」とか「男の子なんだからこうすべきだ」と言われた経験のある人もいるでしょうあるいは欲しいものがあっても、「女の子なんだからこれにしなさい」と違うものを好きになるように強要されたり、「女の子がこんなことをしてはいけません」と教育されたこともあるでしょうもちろんそれらの教育のは、社会に出て、人々の間で波風立てずに暮らす事の役に立つものもあります大人になってもあまりに自分の思いや感情に素直過ぎた場合には、周りから浮いてしまい、変な人と思われることもありますたとえば私は沖縄で育ちましたので、ほとんど雪を見たことがなく、社会人になって東京に就職していった時に、降ってくる雪を見て、おもてに出て手を広げて喜んでいました後から聞いた話では、会社のものからは陰でいろ

リンク元

Copied title and URL