「知は力なり」真理を発見する方法 F・ベーコンの帰納法とイドラ説

054a7b77fe93064affa13194bfb967ee - 「知は力なり」真理を発見する方法 F・ベーコンの帰納法とイドラ説 スピリチュアル最新情報
「知は力なり」という言葉を聞いたことがあり方もいるでしょうこの言葉は16~17世紀のイギリスの哲学者、フランシス・ベーコンの言葉です彼は現実的な生活に何の関係もない物事を懸命に議論することの虚しさから離れ、現実に人々の幸せに寄与する知識こそ大事だと考えましたこれを端的にあらわしたのが「知は力なり」という言葉です彼の生きた時代はキリスト教が力を持っていましたそのキリスト教では様々な難しい抽象的な考えの議論が交わされていて、そのちょっとした解釈の違いによっては、異端として火あぶりにされる事もあったのですたとえばキリスト教には三位一体という説がありますこれは天なる父と、その子であるイエス、そして聖霊とは一体であるとする説ですそもそもキリスト教は一神教とされ、神様は一人とされているのに、父と子と聖霊が出てきて、それらは一体だといわれたら混乱してしまうのではないでしょうかクリスチャンではない人たちからすれば分かりずらいものですそれを三位一体とは三つの人格ではなくて、唯一神のみがあるわけですが、父と子と聖霊というのはその唯一の神が別な姿として現れたのだとする解釈がありますつまりあなたは一人なのですが、子どもから見ればあなたは母親であり、夫から見れば妻であり、親から見れば子どもという事です同じあなたであっても、そのように三つに見えてきますこれが三位一体だという解釈がありますが、それは異端として排

リンク元

Copied title and URL