ソクラテスの言う『無知の知』は神様の前で謙虚である事

20201124111547 - ソクラテスの言う『無知の知』は神様の前で謙虚である事 スピリチュアル最新情報
ソクラテス(紀元前469年頃 - 紀元前399年)の名前は哲学者として有名です彼は古代ギリシアの哲学者であり、お釈迦様、キリスト、孔子と並び四聖人(四聖)に数えられることがありますソクラテスの言葉として有名なのは「無知の知」や「汝自身を知れ(デルフォイの神殿の正面の額に刻まれていた言葉と言われる)」、「人は単に生きるのではなく、善く生きることが大切だ」などがありますソクラテスは今から2500年近くも前に生まれた方で、お釈迦様や孔子などと近い時代に生まれています当時のギリシャにはたくさんの知識人とされる人がいたのですが、そのなかで最も知恵者は誰か?を探るためにデルフォイのアポロン神殿に神託を聞きに行った人がいて、その時の答えが「ソクラテスより賢い人間はいない」という者だったそうです当時は神殿に巫女さんがおられて、神様からのお告げを伝えていたそうです一番の知恵あるものは誰か?と思った人が神託を受けたら、それがソクラテスだったとされていますこの神託を言いてソクラテス本人は信じがたいと思いますソクラテスは謙虚だったようで、私が一番賢いというのはどいう言う事か?と思って、その真意を確かめるべく、当時の知恵あるものとされた人物の元を訪ね歩きます当時、智慧らるものとされた人たちと議論を交わすのですが、ほんとうの知恵あるものとは思えませんでしたそうした経験を通して、ソクラテスは「私も彼も知恵はたい

リンク元

Copied title and URL