伝説のジャンプ 分かち合う事で幸せは増えていく話し

20110403162523 - 伝説のジャンプ 分かち合う事で幸せは増えていく話し スピリチュアル最新情報
子どもたちに人気のある漫画雑誌「少年ジャンプ」を発売する集英社には『伝説のジャンプ』が飾られているそうですそれは最も売れた時の本でもなく、希少価値のある幻の本でも、豪華な装いの本でもありません。何処にでも売られていた普通の漫画ですが、ボロボロになった見た目はよくないものですしかし、そのジャンプは、人々に分かち合う事の喜びを教えてくれるものでしたただの漫画雑誌が、伝説のものとなった話を紹介します平成23年(2011年)3月11日。東日本大震災が発生しました。仙台では、ライフラインは翌日には復旧しましたが、本や雑誌の流通は完全にストップ。 子ども達が毎週読むのを楽しみにしていた漫画雑誌も本屋さんに届きません。 「おじさん、『コロコロコミック』届いた?」「ごめん、まだ届かないんだ・・・」。 こんな会話が、あちこちの本屋さんで交わされていました。 テレビのスイッチを入れても、映るのは恐ろしい映像ばかり。だからこそ、子ども達に漫画本を読ませてあげたい・・・本屋さんもそう考えていたのです。そんなある日、一人の青年が『少年ジャンプ』を持って仙台市のある本屋さんを訪れました。そして、その青年はこう言いました。「これ、ボクはもう読んだので、もし良かったら子ども達に読ませてあげてください・・・」と。この青年は、被災地の子ども達が大好きな漫画すら読めないという噂を聞きつけ、

リンク元

Copied title and URL