わたしが愛するほど相手は愛してくれなかった

1080x608 - わたしが愛するほど相手は愛してくれなかった スピリチュアル最新情報
自分が愛したほどに、相手から愛されずにいる苦しみというものがありますシルベスタ・スタローン主演の映画『ランボー2・怒りの脱出』にこのようなセリフがあります「俺の望みは、彼らの望みです。この地までやってきて勇敢にも全てを捧げた者たちの望み。俺らが愛すると同様に、国からも愛されることです。それが望みです」これは映画の最後の方で、スタローン演じるランボーとトラウトマン大佐との会話です同映画は人気を博した『ランボー』の続編で、主人公のランボーが捕虜となった兵士たちを救出に向かうのですが、仲間の裏切りに合うという物語ですそして無事生還したランボーが大佐との会話で述べたセリフですここでいう彼らとは、敵の捕虜となった兵士たちをさしていますランボーの怒りのもとには、国を愛し国のために命を捧げてまで戦ったのに、国は自分たちを愛してくれなかったという思いがありますたしかに命の危機を省みずに、戦争に参加し、生死の境を超えて帰ってきたら、不当な扱いされてしまえば、そう思う事でしょうランボーは兵士のため国に対する思いが強かったわけです日本でも自衛隊の方が活躍されていますが、なかには批判的な目を向けたり、蔑視するような方もいます災害救助などで活躍され、多くの人を命を助けるために、苛酷な生活を送られる自衛隊員ですが、なかには戦争に関わる職業という事で批判する向きもあるのですそうするとやはり、これだけ厳しい中を頑

リンク元

Copied title and URL