身体を超えて考える魂が人間『われ思う、ゆえに我あり』

maxresdefault - 身体を超えて考える魂が人間『われ思う、ゆえに我あり』 スピリチュアル最新情報
フランス生まれの数学者であり、近代哲学の祖とされるルネ・デカルトの有名な言葉に『我思う、ゆえに我あり』という命題があります彼の著作『方法序説』に登場する言葉ですが、哲学の歴史の中で、もっとも有名な言葉では無いでしょうかデカルトは真理を探究するうえで、まず、すべてのものを疑ってかかりました真実では無いものをすべて排除して、もっとも正しいものを残し、そこから出発しようとしたのですまず俎上に登るのが肉体感覚があります人が目にするもの、耳にする音、手触りや、味覚など、これらはしばし錯覚を起こす事はみなさんもご存知でしょうよく騙し絵などで、本当とは違って見えるものを体験した事があるはずです一方が長く、もう片方が短く見えた線も、実際には同じという事があります下記の図も、真ん中の線の長さは一緒なのですが、人間の目には違って見えるはずですこのように人間の肉体感覚というのは正確ではなく、目に見え、耳に聞こえるものは不確かなものと言えますさらに数学的正しさと言うのも、一見すると普遍の真理のように思えますが、後になって間違いだと気づくこともありますので、これも除いていきますそして私たちが真実と思っているもの、正しいと思っているものも、実は悪霊によって騙されてしまっているかもしれないと疑いますこの世界に生きていると思っている私たちも、実は悪霊のような存在によって仮想現実で魅せられているのかも知れないという

リンク元

Copied title and URL