柔道の古賀稔彦さん死去 前世等

011 - 柔道の古賀稔彦さん死去 前世等 スピリチュアル最新情報
柔道の金メダリストで、平成の三四郎の異名をとった古賀稔彦さんが亡くなられましたまだ53歳という若さですが、昨年からがんを患って闘病中だったとのことです心よりご冥福をお祈り申し上げます実は、ちょうど今朝から古賀さんの事が頭に浮かんでいたので、このニュースを聞いて驚いてしまいましたご存知ない方のためにも少し紹介しますと、古賀さんは1990年に75kgという軽量級のお身体にもかかわらず、全日本柔道選手権に体重無差別級に出場され、決勝まで進出されました決勝では世界チャンピオンだった小川直也さんに惜しくも負けましたが、凄い快挙であり、驚きをもって見られましたそして92年のバルセロナオリンピックでは、直前の試合で左膝靭帯損傷という大きな怪我をしながら出場し、見事に金メダルを獲得しています柔道界では伝説の人と言っていいでしょう彼の当時のエピソードとして以下のようなものがありますバルセロナ前に負傷した怪我はその後治療に2年間もかかっていたそうで、そのブランクを負って出た大会では準決勝敗退になりました古賀さんはその試合内容に恥ずかしくなり、引退を決意したそうですさっそく今まで懸命に支えてくれた母親に電話をして引退を伝えたそうですすると母親から「今まで本当にたくさん応援させてくれて、楽しませてくれて、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした」と言われたそうですその時に、古賀さんの胸に衝撃が走り、

リンク元

Copied title and URL