幸いから転落したり、悩みの種が幸福の種に変わる事もある

horses 5372098 1280 - 幸いから転落したり、悩みの種が幸福の種に変わる事もある スピリチュアル最新情報
中国のことわざに「人間万事塞翁が馬」という言葉がありますこれは中国の古い書物「淮南子」に書かれた故事をもとにした諺です中国の北方にある老人(塞翁)が住んでいましたある日、その老人の飼っていた馬が、北に住む異民族の元へ逃げて行ってしまいますつかまえに行くわけにもいかず、大事な馬を失ってしまったのですしばらくするとその逃れた馬が、今度は良馬を引き連れて帰ってきましたはじめは馬が逃げて災難だと思っていたのが、逆に良馬を引き連れて帰ってくる事で幸いに転じたわけですところが、その良馬に老人の息子が乗っていると、落馬してしまい足の骨を折るけがをしてしまいます今度は幸いと思ったことが災いに転じたわけですさらにしばらくすると、北の民族との間で戦争が起こり、老人の住んでいる村でも大勢の男が戦争に駆り出されました戦争に行った者たちは大勢命を落としてしまいましたが、その老人の息子は、落馬した怪我があったため、戦争に行かずに済み、結果命を救われる事になりますこのように災いと見えるものが幸いに転じ、幸いと思えることが災いに転じる事があるという話です中国の老子は『禍福は糾える縄の如し』と言葉を残しています禍は災いの事で、福は幸せな事ですつまり災いと幸せは、縄のように交互に絡み合っているという意味ですだから今、幸せだからと言って有頂天になっていては転落のもとになるし、不幸だからと言って落ち込んでいてはいけないと

リンク元

Copied title and URL