精神分析とスピリチュアル

freud - 精神分析とスピリチュアル スピリチュアル最新情報
精神分析というのは、深層心理学者であり、精神科医のジークムント・フロイトが創設したもので、心理を分析することで、精神疾患の患者を治療する方法ですフロイトは人間には通常の意識の奥に、無意識(潜在意識)が存在しており、人間の行動は実はこの無意識に大きく左右されていると唱えた方ですしばしば無意識を発見した人と言われる事もありますが、実際には仏教などでも古くから人間の意識の探求は進んでおり、無意識に当たるものの考察は昔からされていますですので近代西洋で無意識について強く主張した人というのが妥当なところでしょうフロイトの精神分析でよく言われるのが、幼少期の抑圧された性欲が、無意識に抑え込まれており、それがヒステリーなどの問題を引き起こすという理論ですつまり、人は意識するのが苦痛な性欲などを無意識に抑圧することで、神経症などの症状を引き起こすと考えたのです何でもかんでも幼少期の性欲が問題であると言われている感じで、無意識は目に見えないため、そう仮説を立てて強く主張されると、「そういうものか」と納得してしまう部分がありますが、実際にはかなり無理があるでしょうフロイト自身も晩年にはエスと自我と超自我との葛藤という事を主張するようになっていますこのフロイトの考えをスピリチュアルな観点から見ると、やはりかなり無理があるように感じます人間が様々な心理的問題を起こすのも、たんに幼少期の抑圧された性欲が問題

リンク元

Copied title and URL