ひな祭り、雛人形と桃のスピリチュアルな意味

download - ひな祭り、雛人形と桃のスピリチュアルな意味 スピリチュアル最新情報
今日は3月3日「桃の節句」のひな祭りの日ですひな祭りはご存知のようにおもに女の子のすこやかな成長と健康を願う行事です女の子のいる家では、ひな人形を飾ったりして祝っているのではないでしょうかそもそもひな祭りとはどのようにして出来てきたのかを見てみましょう起源は中国にあるようで、古代中国の陰陽道では1・3・5・7・9の奇数が重なる日には、お供えやお祓いをする風習があったそうです3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午、7月7日の七夕などがあります日本では平安時代頃から行事がされるようになったそうで、江戸時代には祝祭日に選ばれますこの桃の節句はもともと男女の別はなかったのですが、5月5日の端午の節句に男の子を祝うようになり、上巳の節句(桃の節句)は女の子のお祭として次第に定着していきましたこの節句の行事とは別に、日本のお公家さんの間では「ひいな(ひな)遊び」という女の子の遊びがありました今で言うお人形遊びです今も昔も女の子は人形で遊ぶのは好きなのですねこのひいな遊びの人形を、公家の女性が嫁入り道具として嫁ぎ先に持っていったそうです公家の方が武家屋敷に嫁に入る事もありますので、次第にひな人形は武家や町人のあいだにも広まっていきますそれが桃の節句と結びつくようになり、今の様なひな人形を飾る風習が出来てきたそうです文献ではさかのぼれるのはそこまでですが、人形の起源としては、日本では呪術的な意

リンク元

Copied title and URL