地球の正義と人類創成期

justice 2071539 960 720 - 地球の正義と人類創成期 スピリチュアル最新情報
この地球に人類が誕生し始めた当初は、調和された社会が存在し、聖書で述べられるエデンの楽園のように、人々が互いに愛し合い、支えあって暮らしていましたですが、しばらくすると、戦闘的な種族もやってきました彼らは競争心が強く、弱肉強食の星で生きていたため、もといた地球人種と調和された社会を築くことが出来ませんでした彼らの中には死後に地獄と呼ばれる霊界に落ちて、地球の霊域に不調和な世界を作りだしましたそして死後に、地上の人間に憑依して、闘争心や悪事を働かせるように悪影響を与えるものたちも出てきましたそうした出来事から、地球では調和された社会では必要のなかった、正義というが理念が必要になってきました正義とは、悪を押しとどめて、善を推し進めることです例えていえば、今まで犯罪の無い小さな島に暮らしていて、戸締りも必要なかったのが、段々と都会からバカンスで訪れる人が増えてきて、人口も増加してきますやがて、盗みや暴力などの犯罪が発生するようになってきた、という状況ですそのため、警察官が必要になり、交番を置いて見回りをするようになってきます悪を押しとどめるための正義の力が必要となり、警察官のような働きも地球では必要となってきたのです正義のための力と、暴力の違いを判らなければなりません暴力的な者たちに抵抗せず従うことは、暴力的な社会に消極的にでも支持することです暴力団が怖いからといって、「みかじめ料」をは

リンク元

Copied title and URL