神仏の目に見える私たち生き物の姿と光輝く命

download - 神仏の目に見える私たち生き物の姿と光輝く命 スピリチュアル最新情報
この世の命を育まれている偉大なる存在=神仏はどのような目で世界を見ているでしょうか?おそらく二つの異なる観点から見られていると思われますその一つが平等観ですこの世の生きとし生けるものをすべて一視同仁に愛し、慈悲の思いで見られている視点ですあらゆる生き物が命の輝きを宿しており、平等に尊いものだと感じるものです慈悲という言葉があります慈悲とは命をいつくしむ思いと、その苦しみを見て悲しむ思いを言います慈悲をあらわす言葉として抜苦与楽とよく言われいます抜苦与楽とは、生き物たちの苦しみをみて、それを取り除き抜いてあげたいという思いと、楽を与えたい思いの事ですこうした慈悲の目で生命を平等に見る目という平等観があるでしょうそしてもう一方には、差別観というものもあるはずです差別は仏教用語でしゃべつと読みますが、人を差別するというと悪い事のように誤解されるかもしれませんしかし、万物の本質が一如であり平等であるという見方と同時に、その万物の現れ方に高低の差や、善悪の差という特殊相がある、差別があるとする見方があります生命の発現の仕方にも、やはり高度な現れ方もあれば、低次の現れ方もあり、同じ人間であっても善の性質が多く発現している者もあれば、悪の部分が多く現れているものがありますこのように明確に区別し、違いを分かって見ている目が、差別観ですともすると平等と差別というのは、相反する見方のように思われますが

リンク元

Copied title and URL