生きる意味は何か?人間はその答えを切実に求める存在

rogoserapi no chichi - 生きる意味は何か?人間はその答えを切実に求める存在 スピリチュアル最新情報
「人間は、本来生きる意味を求める生き物であり、肉体的な苦痛には耐えられても、生きることの無意味さには耐えられない」この言葉は、ナチスのユダヤ人強制収容所を生き延びた心理学者であるヴィクトール・E・フランクルのものです彼が収容所での体験をもとに書いた『夜と霧』は、世界的ベストセラーになりましたナチス政権下のドイツでは、多くの愛する家族や仲間たちが、ただユダヤ人というだけで捕まり、強制収容所に入れられ、何の罪もなく殺されていき、その腐乱した死体が積まれていく様子を見なくてはなりませんやがて自分もその遺体の中に入ると思いながら・・・こんな過酷な収容所に入れられ、悲劇で絶望的な状況のなかで生きたフランクルは「それでも生きる意味はあった」といいますユダヤ人強制収容所という恐るべき人類の負の遺産から出てきた彼が発したのが、冒頭に紹介した言葉なのです人間は必死になって”生きる意味”を求めます”生きる意味”を得られてこそ、人生の試練にも立ち向かっていけます”生きる意味”をしっかりと捉えれば、どのような状況に置かれ、過酷な試練に直面しても、生きるための力が出てきますしかし、絶望してしまい、生きる事の意味を失った者は、たとえ小さな挫折であっても、すぐに倒れてしまいます人は自分の人生を可能な限り有意義なもの意味あるものにしたいという願いがありますそれをフランクル博士は「意味への意志」と言いましたどのよう

リンク元

Copied title and URL