コロナ禍の中で大雪の降る霊的意味

download - コロナ禍の中で大雪の降る霊的意味 スピリチュアル最新情報
日本各地で大雪が降り積もり、コロナ禍の中で記録的な大雪となっている地域も出ています大雪による交通障害も発生して、関越道では17時間超も車が立ち往生しているとのことですさらに18日夜から19日にかけては今後も大雪が降る恐れが出ているそうです新型コロナの感染拡大が続く中で、こうした大雪が降り積もるのには、何か意味が隠されているように感じます冬になると気温が下がってコロナの被害が多くなるという警告があります冬は空気が乾燥しやすくなるためウイルスの伝播力を高めてしまうと言いますさらに人間は寒くなると免疫が弱まるため、うつりやすくなる傾向があります新型コロナと同じコロナウイルスの仲間であるヒトコロナウイルスも、年中流行していますが、特に冬場は多くなります世界での新型コロナの流行を調査したものでも、気温が5度から11度で湿度の低い地域で感染の広まりが多い傾向があるのだそうですですので今も日本では第三波の新型コロナの感染拡大が止まりませんが、これから寒い時期に入っていくうえでますます増えていく恐れもあります政府の政策にも問題があって、感染を広めてしまっている問題もありますそうしたなかで大雪が降ることでどうなるか考えてみますと、感染を抑える働きになるかも知れません大雪が降るという事は、今回のように交通渋滞が起こって、往来が難しくなってきますすると自動車などの流れが止まり、人の動きもストップしていき

リンク元

Copied title and URL