危機の時代とアースチェンジの意味

download - 危機の時代とアースチェンジの意味 スピリチュアル最新情報
地球の歴史には何度も危機の時代が訪れていますちょうど百年ほど前にも、現在の新型コロナのように、スペイン風邪というものがパンデミックを起こし、世界中で5000万人以上という多くの方が亡くなる事件がありました日本でも大きな波が三回ほど襲ってきて、45万人の方が命を落としたと言われていますそうした危機が襲ってきた時代だったのですが、それは疫病の蔓延で終わらずに、次は経済的な危機が襲い、世界的な大恐慌になります日本でも昭和恐慌と言って悲惨な経済状態が続きました街には失業者があふれ、貧しい東北の農村では娘の身売りが起こって社会問題になります地震や津波、凶作なども相まって、食べ物にも困る人たちも続出したのです関東大震災や昭和三陸津波もあったり、冷害で凶作も発生ていますさらにその後日本は戦争に進んで行き、ついに第二次世界大戦が勃発し、ご存知のように日米戦争で日本は敗れてしまいますそして戦後の悲惨な時期を迎えたのですスペイン風邪の発生が1918年とされ、1945年に終戦を迎えますこの27年間の間に、実に様々な悲劇が起こりました今ではこれらを経験した人もほとんどいないでしょうが、歴史的には近いものが起こりつつあるように感じます現在、新型コロナが発生して、世界的にパンデミックを引き起こしています日本でも第三波が襲来していますが、経済の打撃も大きなものとなっています当初からこれはパンデミックになる恐れが

リンク元

Copied title and URL