猫を祀る神社一覧と由来とご利益を徹底紹介

1382df7e1aeea85f8eb9e1ebca300793 - 猫を祀る神社一覧と由来とご利益を徹底紹介 スピリチュアル最新情報
猫を祀る神社についてお調べになっている方へ。
猫好きの方には、是非知って頂きたい「猫を祀る神社」は、全国各地にあります。日本で養蚕業が盛んな頃、ネズミを退治してくれる猫は農家にとっては大切な動物でした。最近の猫たちは、ネズミを捕るのではなく、猫カフェで「癒し系」の猫として活躍しています。猫の性格の可愛らしさと愛くるしい動作に、ついつい猫から離れられなくなります。



ライター 槐 隆久


本記事では、猫を祀る神社一覧と由来とご利益を徹底紹介致します。


猫が「猫神様」として古代より崇められた由来
古くから日本の多くの農家では、多くの穀物の生産や養蚕業が盛んでした。蔵に貯蔵する穀類などを食べるネズミの被害から守るために、猫は必要な動物でした。そのため、猫を祀る神社ができ、猫は神として崇められました。
また船の中にいるネズミを捕るための猫も飼われ、航海の神様ともなっています。神社だけでなく、寺院でも猫を祀っているところもあります。通称を「猫寺」と言っています。
【猫の魔力を信じた古代エジプト人】
猫は、日本だけではなく、古代のエジプトでも神様として崇められていました。猫は、古代エジプト人が初めて家畜化した動物と言われています。紀元前6千年頃の貴族の墓から猫の骨が発見されています。「バステト神」は猫の女神です。病気や悪霊から守る守護神として崇められまし

リンク元

Copied title and URL