猫を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします

f0de2c872fbb9b2a19e0487d94504e53 - 猫を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします スピリチュアル最新情報
猫を見た時のスピリチュアルな意味を知りたい方へ。
猫は私たちにとって身近な動物です。昔は鼠などの小動物から食料を守ってくれる存在として重宝されていましたが、今は癒しのペットとして人気が高く、猫カフェなども増えています。
スピリチュアルでは猫が幸運をもたらしてくれるとも言われていますが、猫を見た時はどのような意味があるのでしょうか?



ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵


本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が猫を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします。


猫は守り神だった
エジプトの神話には、猫の女神「バステト」が出てきます。「バステト」は人を罰する神でしたが、後になってから病気などの邪気から守る神として崇められるようになりました。
他にも、イギリスでは黒猫が「航海の守り神」とされているなど、猫が神格化されている話はたくさんあります。
農家の守り神として重んじられていた
猫が日本に入ってきたのは、奈良時代のことです。鼠が大切な教典をかじって台無しにしたことから、その被害から守るために中国から輸入されたのです。その後、鼠から穀物を守る農家の守り神として重んじられるようになりました。
江戸時代になると、紙や穀物だけではなく、生地を作るための蚕を鼠から守るために猫はなくてはならない存在になっていました。ただ、昔は今ほど猫の数

リンク元

Copied title and URL