幸福の蜃気楼を求めさ迷っていないか|「みそ買い橋」の話し

unnamed - 幸福の蜃気楼を求めさ迷っていないか|「みそ買い橋」の話し スピリチュアル最新情報
私たちは砂漠を行く旅人のように、時にオアシスを求め、存在しない蜃気楼を追いかけてしまう事がありますのどの渇きを感じて、必死に湧き水の出るオアシスを求めるのですが、行けども行けどもそこには到達できません蜃気楼の幻を追い求めてしまっているのです人生においても私たちは幻を求めてさ迷ってしまう事がありますあの先に行けばきっと求めていたものが得られると考え、歩き回っていってみても、そこには砂漠が広がっているだけでしたふと顔をあげてみると、また別な遠くにオアシスの姿が揺らいで見えますそうしてまた別な場所へと移っていてオアシスを求めますですが、どこへ行っても砂漠だからけ砂だらけで、潤いのある水が手に入りませんオアシスは必死になって追い求めても、逃げて行ってしまいますでは、私たちを潤してくれる水は何処で手に入るでしょうか?それを語る前に、日本の昔話を紹介したいと思います「味噌買い橋」という話です昔、山奥に長吉という信心深くて、正直な炭焼きが住んでいましたある夜のこと、長吉が寝ていると夢の中に白髪の老人が現れ、「街のみそ買い橋の上に立つがよい。いいことが聞けるぞ」と言いました長吉は、これを神様のお告げと信じて、早速炭を売りがてら街へ降りて行きましたところが、長吉が街のひとたちに「みそ買い橋という橋はどこか?」と尋ね歩いても、「そんな名前の橋など無い」と皆言います長吉は「確かに神様がお告げしてくださっ

リンク元

Copied title and URL