人が死を目前にして考える三つの事

download - 人が死を目前にして考える三つの事 スピリチュアル最新情報
マシュー・オライリーさんはニューヨーク州サフォーク郡で救命士として働いています彼は自動車事故にあわれた方や、様々な事件事故で命の危機にある人に数多く会われたそうです駆け付けた時には、もう手の施しようもなく、死を待つしかない方もたくさんみられて来ました命の危機に瀕した方は、「自分が亡くなるのか?」と救命士のマシューさんに聞くのですが、はじめは怖くて、正直にもう助からないとは言えず、嘘を言っていたそうですですがある方を救命している時に、彼はまた同じ質問をされるのですが、その時は正直に答える事を選択しましたすると自分の死を悟った方は、恐怖でおののくのではないかと予想していたのですが、実際には自分の死を受け入れて、安らかな顔をしたといいますその後のマシューさんは、同じような死の淵にある人に会い、そしてもうじき死ぬことをお伝えしてきました数々の亡くなる寸前の方を看られたマシューさんは、彼らに共通するものを発見しますもうすぐ訪れる死を待つ人には、性別や人種、宗教などに関係なく、おもに三つのパターンに分けられる事を言われるのだそうです一つ目は「許しを求める」方です死の運命を告げられた方には今までの人生を振り返って、後悔し、許しを求めると言いますある方は彼に「もっと家族と過ごす時間を取るべきだった。自分のために時間を使いすぎた」と後悔を口にしました私たちも、もうすぐこの世の寿命が亡くなると思ったら

リンク元

Copied title and URL