自分で自分を信じなければ、いったい誰が信じてくれるのか

download - 自分で自分を信じなければ、いったい誰が信じてくれるのか スピリチュアル最新情報
挫折した時、失敗の中にある時、なかなか成果が出ない時色んな時に人は自信を失い、自分自身を信じられなくなってしまう事があります「自分には駄目ではないか?」とか「もうこれ以上は無理」と諦めてしまう事がありますですが、人は自分で自分の限界を決めてしまい、それ以上に飛躍する機会を逃すことがあるのです生き物の中で、もっとも跳躍力のあるノミ(蚤)という生き物をご存知でしょうよく飼い犬や猫について、血を吸う小さな虫です一般には嫌われ者のノミは、体長がわずか2ミリほどしかありませんが、30センチもジャンプします自分の身長の150倍の跳躍力を持っているのです人間で例えれば170センチの人が、255メートルも飛躍するというものです東京都庁が243メートルですので、一度のジャンプで飛び越えてしまうような高さですそうした優れた跳躍力をもつノミですが、瓶の中に蓋をして入れておくと、次第に跳躍が出来なくなるのだそうです瓶に入れられたノミは、脱出しようとして必死にジャンプするのですが、蓋がされているため、ぶつかってしまうのです何度も蓋にぶつかってを繰り返していくうちに、次第にノミは跳躍を忘れていってしまいます失敗を何度もしていく事で、チャレンジを忘れてしまう私たちのようです自分で自分の事を信じてあげなくて、いったい誰があなたの事を信じてくれると言うのでしょうか?あなたの才能を信じてやれるのは、あなたしかいません

リンク元

Copied title and URL