コロナ対策でイベルメクチンとワクチン接種を進めた国の比較

download - コロナ対策でイベルメクチンとワクチン接種を進めた国の比較 スピリチュアル最新情報
新型コロナウイルスの対策として、日本でもワクチン接種が進んでいますこれについて、当ブログではワクチンはまだ長期的な安全性が確認されていませんし、血管などを痛める恐れがあるので、お勧めしないという話をしていますしかし、打たないで何もしないのではなく、予防として、ビタミンDや亜鉛、亜鉛イオノフォアなどを推奨していますさらに日本では処方薬のイベルメクチンが有効ではないかと話しています世界にはワクチン接種を進めて、コロナを抑えようとしている国、特に先進国になりますが、そうした国と、イベルメクチンを使って抑え込みをしている国がありますこれらの国の現状を見ていきたいと思いますまず、ワクチン接種をいち早く進めた国として、イスラエル、イギリス、アメリカを見ていきますこれはロイター作成のグラフで、上からイスラエル、イギリス、アメリカになります右側のグラフが感染者数、左のグラフが死亡者ですこの図を見てわかるように、ワクチン接種を早く進めたこれらの国で、感染者数が急増しているのがわかります死亡者数もそれに伴って増加していますイスラエルやアメリカでは、感染増にともなって、死者数も増加してきていますので、ワクチンの効果は疑われますただ、イギリスに関しては、感染増に比べたら、死亡者数は低く抑えられているように見えますこれはワクチン以外の別な要因、たとえば英国は過去に感染爆発を起こしましたので、すでに死亡リスク

リンク元

Copied title and URL