ワクチン接種者がコロナを拡散させてしまう事実

download - ワクチン接種者がコロナを拡散させてしまう事実 スピリチュアル最新情報
日本でもワクチン接種が進んでいますワクチンを打つことで感染が抑えられ、周りに広めないためという名目で進められてきましたが、実際には、接種者がコロナウイルスを広めてしまっている事実があります先日も沖縄の病院で、大規模なクラスターが発生しました入院患者173人と、職員の26人が陽性となり、死亡者は64人も出す事態となりましたこの大規模クラスターでも、ブレイクスルー感染と言っていますが、ワクチンを二回接種済みの職員から、院内に広まっていますつまりワクチンを接種した人が、コロナウイルスを広めてしまっていたのですこれは特異な例ではなくて、アメリカでも接種者が感染を広めてしまっているとする報告がある事は以前にも紹介しましたワクチンを接種すれば、周りの人に感染を広めずに済むという話は、今となっては間違いだったという事ですワクチンを接種すると、確かに半年ほどは抗体が出来て感染しづらくなりますですので、日本ではワクチンを接種した人には、まだ半年経過していない人も多いでしょうから、その人は一時的に感染が抑えられる部分はあるでしょうしかし、医療従事者へのワクチン接種が開始されたのは、3月頃でしたので、来月あたりには効果が下がってき始めるでしょう今回の沖縄の病院のケースのように、医療従事者からコロナが移るケースが増える恐れが出てきます抗体が低下してくると、感染するようになりますが、まだ多少は残っているため

リンク元

Copied title and URL