コロナは酸性で増殖するので身体をアルカリ性に保つことで防ぎます

download - コロナは酸性で増殖するので身体をアルカリ性に保つことで防ぎます スピリチュアル最新情報
コロナウイルスも私たちの体内が酸性に片寄っている時に増殖し、アルカリ性に傾いていくと増殖できなくなります身体が酸性に傾いていると、コロナを含めたウイルスが増殖しやすくなり、逆にアルカリ性に傾いていくと、増殖が抑えられていきますアルカリ性の身体ではウイルスは増えていかないのですこれはコロナに限った事ではなく、風邪などのウイルスは酸性の身体を好むと言われています詳しくは下記の記事を読んでくださいhttps://drsircus.com/general/viruses-are-ph-sensitive/コロナウイルスはpH 6.0の酸性下では非常に安定していますが、pH 8.0のアルカリ性で短時間処理すると、急速かつ不可逆的に不活化されると述べていますそしてpH 6.0の時の感染力は、pH 7.0の時の感染力に比べ10倍大きい人の身体は食べ物によって酸性に傾くことがあります具体的にはたんぱく質や炭水化物、砂糖などが身体を酸性に傾けます牛肉や豚肉、鶏肉などのお肉をよく食べる人とか、野菜をよく食べると言っても、実際には小麦やお米、イモなどの炭水化物をたくさん取っている人がいますこのようにタンパク質や炭水化物を多くとっていると、身体は酸性に傾きやすくなりますおそらくは多くの日本人がそうでしょう身体をアルカリ性に保つには、野菜や果物を多く取ることですタンパク質や炭水化物の量を少なくして、野菜など

リンク元

Copied title and URL