北極星人と妙見菩薩 日蓮上人の魂の出自

download - 北極星人と妙見菩薩 日蓮上人の魂の出自 スピリチュアル最新情報
北極星や北斗星を信仰する北辰信仰や妙見菩薩という存在が信仰されてきましたが、そのもとには、これらの星域に住む宇宙人の存在があります地球から見て真北の位置にある星が北極星で、その周りにはこぐま座の星や、大熊座の有名な北斗七星があります昔の時代は、自分のいる場所を示すのに、地図やコンパスなどはありませんから、夜の星座を見て、自分の今いる場所や向かっている方向を調べていましたその中で、北極星は極めて重要で、地球から見たらほぼ真北にあって、天の中心に座して、周囲の星がその周りを巡っているように見えるため、特に神聖な星と見えたでしょう中国の道教などでも昔から北極星を北辰と言って天帝の住む場所として崇めていましたまた仏教にも取り入れられて、「七仏八菩薩諸説陀羅尼神呪経(妙見神呪経)」というお経には北辰(北極星)菩薩が登場し、名を妙見と言うと述べられています(我北辰菩薩名曰妙見。)妙見菩薩は目が美しく澄み切っていて、物事の真相を見極める力を持っているとされ、国土を守り災厄を防ぐ権能があると言われてきましたまた北斗七星の内に、破軍星と呼ばれる星ががあることから、軍神として武将などに信仰される事もありました日本においては天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)は、天の真ん中の神という事で北極星とされ、妙見菩薩と同一視されてもいますこの北極星から北斗方面に広がる星域には、知的生命体の住む惑星があって、つま

リンク元

Copied title and URL