感染者の七割超はワクチン接種者&ワクチンに含まれるスパイクタンパク質が身体にダメージをあたえる

download - 感染者の七割超はワクチン接種者&ワクチンに含まれるスパイクタンパク質が身体にダメージをあたえる スピリチュアル最新情報
米疾病対策センター(CDC)は、7月に起きた新型コロナウイルスの集団感染を分析したところ、7割超がワクチンを接種し終えた人だったと明らかにしましたhttps://news.yahoo.co.jp/articles/87829cd444173ef9478f9ddc417c6cc63f66b3f7コロナ感染者を調べたら、そのうち7割超がワクチンを接種した人だったという事ですちなみに米国ではワクチン接種はちょうど五割に達したところでした単純に数値だけを見れば、ワクチンを打った人の方がむしろ罹りやすくなっているのではと思えますワクチンを打てば感染が抑えられるとか、国民の六割打てば集団免疫が出来るとか言った話はどこいったのでしょう?日本では今のところ、ワクチン接種済みのご高齢者は、感染を防げているようにも見受けられますこれはワクチン接種で出来る中和抗体が、約1一か月ほどでピークになると言われていますから、今がちょうど免疫力が高い時期なのかもしれませんこれはひとつの仮説ですそうだとすると、今後、抗体が減っていき、ワクチン接種者が次々と感染していく事態が、ワクチン接種で先行した、アメリカやイギリス、イスラエルのように起こってくるのかも知れません日本でもワクチン接種をすれば、感染を防げるからという事で国民に進めていたはずですご高齢の方も、ワクチン接種をすれば、子どもや孫に移さずに済むと信じさせられ

リンク元

Copied title and URL