もし三日間だけ目が見えるとしたら ヘレン・ケラー "Three Days to See"

download - もし三日間だけ目が見えるとしたら ヘレン・ケラー "Three Days to See" スピリチュアル最新情報
視覚と聴覚の重複障害者でありながら、世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くしたヘレン・ケラーについてお話しします彼女の親友が、森の中の長い散歩から戻ってきたので、「何を見たの」と尋ねましたするとその親友は「特にないわ」と答えたそうですヘレンは言います「森の中を1時間歩いても、特筆すべきものを何も見ないということが、どうしてあり得るのか」と「目を持っている人はほとんど見ていないようです。世界を埋め尽くす色と行動のパノラマは、当然のこととして受け止められている。」そしてヘレン・ケラーは、もし私が3日間だけ目を使えるようになったらと考えて、その間何を見たいかを詳しく述べます"Three Days to See"(目があいた三日間)という彼女の文は、下記で翻訳文を載せておきますので、興味のある方は是非読まれてください目が見えて、耳が聞こえる私たちが、以下に恵まれていて、その事に普段気づいていない事に思い至るのではないかと思いますそして彼女から私たちへのメッセージを意訳してお伝えします「目の見えない私から、目の見えるあなたにお伝えします明日、突然、目が見えなくなると思って世界を見てください明日、耳が聞こえなくなるかのように、声の音楽、鳥の歌、オーケストラの迫力ある音を聞いてください触れたいものには、明日、触覚がなくなると思って触れてみましょう明日には二度と嗅ぐことも味わうことも出来

リンク元

Copied title and URL