二宮尊徳の「たらいの水」の話 正しい使い方で心の癒しをもたらし、間違った使い方をすれば、この世の苦しみを生みだすもの

download - 二宮尊徳の「たらいの水」の話 正しい使い方で心の癒しをもたらし、間違った使い方をすれば、この世の苦しみを生みだすもの スピリチュアル最新情報
人間は愛を求めます子どもは親からの愛を求め、恋人同氏は互いの愛を求めます人々から称賛を求めたり、褒められる事、憧れを持たれる事、頭を下げられる事を求めるのは、いずれも愛を求める思いです人は何故、愛を求めるのでしょう愛を得る事で、自分の中に何かが満ちていくのを感じるからでしょうそれは霊的なエナルギーであり、人は愛を受け取ることで、満たされていきます普段の私たちは、何かしら満たされない思いを持ち続けており、それは愛のエネルギーが足りない事を感じているのです愛のエネルギーが不足していると感じると、人は周りから必死に愛を得ようとして、色んなことをします子どもが熱を出して、親の関心をひく場合にも、愛を求めるがゆえに現れる事もありますまた子供が問題行動を起こしてしまう裏にも、大人たちの注目を集めたい、愛を得たいという思いの裏返しの場合があります大人になっても、目立つ行動をして、人々から注目を集めようとするのも、愛を奪い取りたいからですそのように、人は他人からの愛を求めています愛は単なる抽象的な概念ではなくて、霊的エネルギーであり、それを人は求めているのです愛のエネルギーが不足していると、人は様々な誤作動を起こしてしまいます愛の不足は、心の傷になってしまいますその心の傷を癒すものは、愛によるのです愛のエネルギーが、傷ついた心を癒してくれますそのため人は、他人から愛を求めて生きるのですが、人から得

リンク元

Copied title and URL