ワクチンを接種した人は2年後に死亡(ADEを起こし癌になる)!?の真偽

top image - ワクチンを接種した人は2年後に死亡(ADEを起こし癌になる)!?の真偽 スピリチュアル最新情報
ノーベル賞学者のリュック・モンタニエ博士がワクチンについての警告を発しています元中国人で現・日本人の漫画家の孫向文さんが、同博士の訴えを記事にして書いていますので、その内容をかいつまんで紹介するとともに、事実と違った所もあるようなので、そこは指摘していきたいと思いますhttps://vpoint.jp/column/206591.htmlリュック・モンタニエ博士はフランスのウイルス学者で、あのHIV(エイズウイルス)を発見した事で知られ、ノーベル賞を受賞された方ですちなみに博士の事は以前に政治ブログで取り上げたことがあります「新型コロナが人工ウイルスとノーベル賞博士が断言」モンタニエ博士が今回の新型コロナウイルスには、HIVの遺伝子が組み込まれており、これは自然に発生するものでは無いとして、人工説を訴えていましたこれについて当初は、メディアからも批判や嘲笑が起こり「陰謀論だ!」と言われてきましたそのメディアたちは、いま過去の自分たちの人工説に対する批判記事やファクトチェックの内容をこっそりと削除したり、こっそりと修正を入れるような姑息な事をしていますつまり人工説が次第に有力になるにしたがって、過去の自分たちがそれを馬鹿にしたり批判していた事が不都合になってきたため、黙って消していってるわけですモンタニエ博士の主張されていた事はあっていたのです周囲から批判されながら真実を訴えてきた博

リンク元

Copied title and URL