龍神とはどんな存在か?スピリチュアル的に解説

d489c8fdad9ed5483a99464e4f78ef57 - 龍神とはどんな存在か?スピリチュアル的に解説 スピリチュアル最新情報
龍神とはどんな存在なのか知りたい方へ。
昔話などにも出てくる龍神ですが、日本各地に龍神を祀っている神社や寺院があり、古くから信仰されてきました。
先人たちは、龍神の力を借りて願望を叶えたとも言われていますが、八百万の神々の中で、龍神はどのような立ち位置にあるのでしょうか。



ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵


本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が龍神とはどんな存在か?スピリチュアル的に解説いたします。


龍神信仰は弥生時代後半に始まった
弥生時代の後半に、古代中国から財運の神、水の神である龍神が伝わってきたことが、龍神信仰の始まりだと言われています。
もともと日本では不老不死、豊穣の神様として蛇を祀っていました。脱皮を繰り返す蛇が不老不死のシンボルだと考えられていたことと、稲作文化が中心だった日本人にとって、田畑や沼に生息して水の上を走る蛇は水の神であり豊穣の神でもあったのです。
龍神は蛇の神様と同じようなものと考えた
そして、中国から龍神が伝わった時、龍神は蛇の神様と同じものだと考えたのです。
もともと日本人は自然崇拝をしていたので、山や海、川などにはその場所を守る神がいると信じていました。龍神が水に関係のある神聖な場所にいると考えられているのも、それがあるからかもしれません。
八大龍王は仏教由来の龍神
日本に仏

リンク元

Copied title and URL