言霊の意味とは?効果や使い方と共に分かりやすく解説

912837c3d19c7a6da590b426045f0139 - 言霊の意味とは?効果や使い方と共に分かりやすく解説 スピリチュアル最新情報
言霊の意味と、効果や使い方を知りたい方へ。
日本では古くから、言葉には神秘的な力が宿っていると考えられてきました。それが言霊です。言葉には力があります。例えば、人間関係がうまくいくのも悪くなるのも、言葉の使い方ひとつで変わってきます。そうであるなら、物事が全てうまくいくような、効果的な言葉の使い方をしたいと思いませんか。



ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵


本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が言霊の意味と、効果や使い方などを分かりやすくご紹介いたします。


言霊は言葉が持つ霊的な力を意味している

言霊は「言魂」と書くこともありますが、日本では太古の昔から、発した言葉は単なる音ではなく、その言葉には魂が宿っていると信じられてきました。
古事記には、言霊を神格化した一言主大神(ぬしのおおかみ)が出てきます。これは良いことも悪いことも、言霊で宣託するという神なのです。
この神様の前で祭祀を読み間違えたりすると、大変なことが起こると言い伝えられているのも、私たち日本人が言霊の力をずっと信じてきたからだと思います。
また、結婚式などおめでたい席では、「別れる」「去る」は忌み言葉。使ってはいけないということを、私たちが自然と身についているのは、言霊を信じてきた日本の文化があるからです。
現代でも成功者たちは言葉の力を信じている

リンク元

Copied title and URL