癌になってしまったスピリチュアルな意味をお伝えします

fe235ad09410412fcb573662e448d53e - 癌になってしまったスピリチュアルな意味をお伝えします スピリチュアル最新情報
癌になってしまったスピリチュアルな意味を知りたい方へ。
癌はスピリチュアルの病気だとも言われています。癌になってしまった時、その現実をどう受け止めればいいのか。そして、これからどうすればいいのか。そのヒントをスピリチュアルの観点から考えてみたいと思います。



ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵


本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が、癌になってしまったスピリチュアルな意味をお伝えします。 


癌は因果律によるもの
物事の全てにおいて、それが起こるための原因が必ずあるというのが、因果律です。つまり、原因がないと何も起こることはないのです。
癌になったのも必ず原因があるということになりますが、その原因とは、スピリチュアルでは魂が不自然な状態で生きてきたことにあると考えられています。
魂のあり方が自然の摂理に反している時、肉体では変異した細胞、つまり癌という形で現れてくるのです。
本来の魂のあり方に戻らない限り、いつかまた再発する
肉体に形として見えている癌は、摘出手術や抗がん剤によってなくすこともできますが、本来の魂のあり方に戻らない限り、いつかまた再発する可能性もあります。
癌を完治させるためには、自分自身の内面を見つめ直し、魂を本来の姿に戻していかなければなりません。
癌の原因は自己否定や自己犠牲

癌が発生した場

リンク元

Copied title and URL